クレンジングの正しいやり方と時間、メイク落としのタイミング

更新日:

化粧水や美容液、ファンデーションにはお金をかけるけど、クレンジングは安いのを使ってる。
ナチュラルメイクだから、そんなに落とさなくても大丈夫・・・なはず

 

こんな風に思っている方、多いのではないでしょうか??

実は私もクレンジングにこだわりがありませんでした。

価格が安いものでも、ダブル洗顔すれば大丈夫!

クレンジング1つで肌の状態が変わる訳ないよねぇ・・・と思っていたんです。

そんな私と同じ考えの方に、今日はクレンジングの役割や正しいクレンジングの仕方をご紹介します。

 

クレンジングは化粧を落とすだけだと思っていませんか?

メイクが、お肌に負担をかけているのはご存知ですよね?

実はそのメイクを落とすクレンジングも、自分に合ったものを使わないと肌トラブルの原因になってしまうんです。

肌荒れや大人ニキビ、シワやシミなど肌トラブルの原因が、クレンジングだったというのはよく聞くお話し。

クレンジングは化粧を落とすだけでなく、お肌への負担を軽減するためになくてはならないものなんです。

 

化粧品は「油性」でできている!

化粧下地やファンデーションなどのベースメイクの成分は主に油性です。

油性と聞くだけでとても落ちにくい印象がありませんか?

これらのメイクの油分を落とす為に必要なのが、「界面活性剤」と呼ばれるものです。

 

界面活性剤はお肌に良い?悪い??

クレンジングだけではなく乳液やクリーム、リキッドファンデーションなどにも含まれている界面活性剤。

界面活性剤は、浮き出た油分を洗い流す役割がありますが、この界面活性剤がお肌に良くないと言われています。

ただ、メイクを落とす際には、かかせない成分なんです。

特に最近のメイクは、水に濡れても汗をかいても落ちにくくなっていますよね。

それだけ強いメイクを落とすのに界面活性剤が入っているクレンジングは必要不可欠。

ただ、お肌の状態によって、界面活性剤が多く含まれているクレンジング、少ないクレンジングがあるので使い分けることは大切です。

 

正しいクレンジングは1分以内に!

クレンジングの正しい使用方法やメイクを落とすタイミングを知ることはとっても大切!

クレンジングの仕方をほんの少し変えるだけで、お肌への負担をぐっと減らし、美肌に近づくことができます

メイク落としの最大のポイントは

優しく、素早く、丁寧に☆

を意識することです。

実はこれ、簡単なようでついついゴシゴシしちゃうことありませんか?

時間をかけた方がよくメイクが落ちると思うのも間違い。

摩擦が起きることでお肌への負担になるので1分以内にササッと落としましょう。

 

アイメイク、ポイントメイクは専用リムーバーまたは時間を置いて♪

メイクの中でも落ちにくいのが、アイメイクやポイントメイク。

重ねづけしたマスカラやアイライン、口紅のポイントメイクも、落ちにくい物が増えてますよね。

これは、上からアイブロウ、アイライナー、コンシーラー、口紅の順に塗っています。

アイライナーが落ちていないのが分かるでしょうか?
(これはお湯で洗い流すことで落ちるクレンジングです)

落ちにくいポイントメイクは専用のリムーバーを使って落とすようにしましょう。

最近はリムーバーを使わなくても、アイメイクが落とせるクレンジングもたくさんあります。

ジェルタイプのクレンジングはアイメイクが落ちにくいと言われていますが、まぶたの上で体温となじませほんの少し時間を置くことですっと落ちていきますよ☆

また、クレンジング剤の量にも注意が必要。

表示通りの量を使用するように心掛けて下さい。

ただ、濃いメイクの時には少し多めに、すっぴんに近い時には、少なめにしてみても良いですね!

 

クレンジングの順番

クレンジング剤を手に取ったら

おでこ・鼻・頬・あご

に置きましょう。

そこから優しく、指の腹でくるくると円を描くように、メイクとクレンジング剤をなじませていきます。

この時に、時間をかけすぎると、肌への負担になるので、手早く終わらせるのがポイント

なじませたら、ぬるま湯ですすぎます。

冷たい水や、熱いお湯は、メイク残りや、乾燥を引き起こし、肌トラブルの原因に。

すすぐ時にも、シャワーではなく、たくさんのお湯を手に取り、優しく、顔を覆うようにしてすすいで下さい

 

メイクを落とすタイミング

皆さんはいつお化粧を落としていますか?

①帰宅してすぐ落とす

②お風呂に入る前に落とす

③お風呂で落とす

④寝る前に落とす

⑤そのまま寝て、朝に落とす

 

若い頃は飲み会などで帰宅が遅いとそのまま寝る⑤のような生活送っていた方もいるのでは?(笑)

分かっているとは思いますが、⑤は・・・問題外ですからね!!

化粧落としで大事なのは、

メイクからなるべく早くお肌を開放し、すぐに保湿をすること。

 

その為、①の帰宅してすぐ落とす方や、②お風呂に入る前の方は、クレンジング後に乾燥してしまうので、乾燥する前に化粧水などで保湿を心がけましょう。

私もそうなのですが、この中で一番多いのは③お風呂で落とす方ではないでしょうか?

 

お風呂では手が濡れていても使えるクレンジングを選ぼう

手が濡れていても使用できるクレンジングは

・オイルタイプ

・リキッドタイプ

 

が代表的。

ただ、濡れていても使用できるものは、界面活性剤が多く含まれています。

お手軽な分、お肌への負担も多くなってしまうというデメリットも。

逆に、濡れた手で使用できないクレンジングは

・クリームタイプ

・ミルクタイプ

 

が代表的。

お肌には優しいですが、その分メイク落ちが弱くなってしまいます。

しっかりメイクの方は、お風呂で毛穴を開かせ、濡れた手でも使えるクレンジングでお化粧を落とすのがおすすめ!!

ただ、水分は落としてからの使用がベストですよ。

お肌が敏感な方・ナチュラルメイクの方は、お風呂では使えませんがお肌に優しいクリームタイプやミルクタイプがおすすめです。

 

参考お風呂で使える濡れた手OKクレンジング!面倒臭がりも1分で簡単☆

 

お風呂でのクレンジングは入浴の最後に!

お風呂で使えるクレンジングを使う場合、タイミングも大事☆

お風呂に入ってすぐクレンジングをした場合

まだ毛穴が開いてない状態で落とす事になり、毛穴に汚れが残ることも。

そのまま洗顔をしてしまうと、その後の入浴中にどんどん水分を奪われ乾燥の原因に!

 

お風呂の最後にクレンジングをした場合

毛穴が開いた状態でクレンジングをし、洗顔します。(ダブル洗顔不要クレンジングの場合はクレンジングのみでOK)

しっかり毛穴汚れを落とすことで、その後の化粧水、美容液などスキンケアの浸透率が違ってきます。

 

まとめ

今日はクレンジングの役割、正しいクレンジングの方法をご紹介しました。

私は最近まで、手軽さだけでクレンジング剤を決めていました。

メイクは落ちれば良いと思い、クレンジング剤が与えるお肌への負担なんて考えてもいなかったんです。

自分に合ったクレンジング剤を使い、正しいクレンジングをすることで、今は目に見えて違いが出ていないかも知れませんが、5年後、10年後のお肌には間違いなく違いが出ているはず!!

今、お肌の悩みをかかえている方、この先もメイクを楽しみたい方は、まず、クレンジングから見直してみてはいかがでしょうか?

 

参考今さら聞けない!みんなどうしてるの?クレンジングQ&A

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
らん

らん

40代、超乾燥肌、3人の子育て中です。 私は美容にずっと興味があったことが縁で、エステティシャンとして15年間働き最後は役員としてお店を任されていました。 ⇒続きを読む

-クレンジング基礎

Copyright© 【口コミ・使い方画像付】人気・おすすめクレンジングランキング~美ネタRoom~ , 2018 All Rights Reserved.