敏感肌・乾燥肌はダブル洗顔不要クレンジングを使った方が良いの?

更新日:

ここ数年「ダブル洗顔不要」と書かれているクレンジング剤を目にすることが多くなりましたよね。

でも、クレンジング後に洗顔する流れでお化粧を落とすのが普通だった私にとって「ダブル洗顔不要」の文字は疑いしかありません(笑)

乾燥肌、敏感肌、時々アトピーになる私の肌はWクレンジングをしない方が良いの?

 

今日は、ダブルクレンジングが合う肌、合わない肌を中心にご紹介していきます。

 

参考マツエクOK!おすすめW洗顔不要クレンジング~オイル・ジェル・ミルク~

 

クレンジングと洗顔の違い

実際にクレンジングと洗顔にはどういった違いがあるのか見ていきましょう。

 

クレンジングの意味

「クレンジングはメイクを落とすためのもの。」

当たり前のようですが、あまり理解していなかった私。

ファンデーションやアイメイクなどの化粧品はすぐに落ちないように「油性」で作られているものがほとんどです。

油性マジックが手についた時に水では落ちないようにメイクも水で洗っても全てが落ちることはありませんよね。

その油性のお化粧品を落とすために作られたのがクレンジングなんです。

 

洗顔の意味

クレンジングが油性の化粧品や皮脂などを落とすのに対して、洗顔は顔のほこりや角質などを取るために使われます。

ノーメイクの方や、オイルフリー、オイルカット化粧品を使われている方は洗顔だけでOKということになりますね☆

 

ダブル洗顔のメリット・デメリット

冒頭にも書いたように、私が一般的だと思っていたクレンジングの後に洗顔することを「ダブル洗顔(W洗顔)」と言います。

ここではダブル洗顔のメリット、デメリットをご説明していきます。

 

ダブル洗顔のメリット

ダブル洗顔のメリットはクレンジングでは油汚れ(メイク汚れ)、洗顔ではその他の汚れを落とすそれぞれの役割があることです。

ダブル洗顔不要クレンジングの場合、これら2つの違った汚れを落とす訳ですから、それだけしっかりした洗浄力が必要。

そのため、肌トラブルの原因になってしまうことも。

 

ダブル洗顔のデメリット

ダブル洗顔は、クレンジングで化粧を落とし、その後洗顔をします。

肌は、摩擦する回数が多ければ多い程シワやくすみ、シミの原因になるのをご存知でしょうか?

しかも洗いすぎることでさらに肌が乾燥してしまいます。。

お肌の乾燥はシワの原因に・・・。

若い頃は良いんです。肌をゴシゴシ洗ってもシワなんて出来ないし・・・。

でも・・・

最近肌の乾燥がひどいわ
洗顔後すぐに化粧水をつけないと肌のつっぱりがすごいことに・・・。

 

という方にはダブル洗顔は向きません。

 

 

ダブル洗顔不要クレンジングがおすすめなのはこんな人!

ダブル洗顔不要クレンジングが合う方は

・敏感肌・乾燥肌

・妊娠、産後で肌の調子が変わった方

・肌トラブルが多い方

 

です。

先ほども書いたように、2度洗顔することで肌への摩擦、乾燥が考えられ、もともと乾燥肌の方は洗顔後お肌のつっぱりやかさつきがひどくなります。

お肌の調子がいつもと違ったり、今までダブル洗顔していて「何か違う・・・」と思う方は一度ダブル洗顔不要クレンジングを使ってみてもいいかもしれません。

 

ダブル洗顔不要クレンジングの仕方

肌トラブルがある場合、アイメイクはもちろん、メイク自体が薄めの方が多いのではないでしょうか。

クレンジングと洗顔2つ一緒にするのでしっかり洗わないと・・・という気持ちになりがちですが、絶対にゴシゴシとこすってはいけません。

お化粧の中で一番落ちにくいのは「アイメイク」。

下の画像は、上からアイブロウ、アイライナー、コンシーラー、口紅を塗っています。

クレンジング剤をつけても

アイライナーだけはしっかり残っちゃうんですよね。

目の周りは他よりも皮膚が薄く、こすることで目元のシワの原因になっていまいます。

 

 

もち肌ちゃん
ポイントメイクは専用のリムーバーなどを使いましょ☆

 

クレンジング剤は規定量を手の平に乗せると「多いかな?」と感じる方もいるかもしれませんが、少ないと知らず知らずのうちにこする回数が多くなってしまいます。

規定量をしっかり守り、指の腹でくるくるとなじませるようにしましょう。

また、水は油分である化粧が落ちにくいこと、お湯は乾燥の原因になることから「ぬるま湯」で洗い流すのが一番良いと言われています。

 

ダブル洗顔がおすすめなのはこんな人!

ダブル洗顔がおすすめの方は以下の通り。

・しっかりメイクをする方

・オイリー肌

・肌トラブルが少ない方

 

ただし、肌トラブルが少ないからと言ってゴシゴシと洗っていては今は良くても5年後、10年後にシワやシミが増え大変なことに!!

 

ダブル洗顔の仕方

しっかりメイクをしている方はゴシゴシとこすらないとお化粧が落ちないと思うかもしれませんがそんなことはありません。

クレンジングの方法はダブル洗顔不要のクレンジングと同じく、指の腹でなじませるように♪

もちろんアイメイクは専用リムーバーで落としてください。

その後の洗顔はよ~く泡立てて顔を包み込むように。

クレンジングと同じく決してゴシゴシとこすらず泡で洗う気持ちで☆

クレンジングも洗顔も「そーっと、優しく」を頭に入れて洗ってみてください。

 

まとめ

今日はクレンジングと洗顔の違い、ダブル洗顔が必要な方、そうでない方についてご紹介しました。

私のようにアラフォーになってくると20代、30代の頃に使っていたスキンケア商品が全く合わなくなってきてしまうんですよね。

年齢を重ねるとお肌の水分が減ってしまうので今までオイリー肌だった方が乾燥肌に変わることもあります。

お肌がいつもとは違うかも?と思った時にはスキンケアの中で一番重要なクレンジング、洗顔を変えてみることから始めてみてはいかがでしょうか?

 

参考マツエクOK!おすすめW洗顔不要クレンジング~オイル・ジェル・ミルク~

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
れい

れい

40代、2児の母です。 季節の変わり目にはアトピーが出てくることもあり、周りの「スッピンに見えないー」の声を本気にしてナチュラルメイクはおろかスッピンの日も多かったチャレンジャーです。 ⇒続きを読む

-W洗顔不要, クレンジング基礎, 乾燥肌, 敏感肌

Copyright© 【口コミ・使い方画像付】人気・おすすめクレンジングランキング~美ネタRoom~ , 2018 All Rights Reserved.