クレンジングオイルがお肌に悪いのは過去のこと?正しい使い方で効果を実感!

更新日:

種類も豊富で手軽に買える人気のクレンジングオイル。

でも、クレンジングオイルはお肌に良くないって聞いた事はありませんか?

私は長年エステ業界で働いていました。当時はクレンジングオイルは良くない!といつも話しをしていたのですが、最近では成分も良くなり肌に負担の少ないクレンジングオイルも増えてきました。

エステで働いている時から、

基礎化粧品は一番重要!特に洗顔で肌は決まる!

 

と豪語していた洗顔フェチの私がクレンジングオイルが良くないと思っている方へクレンジングオイルの人気の理由、正しい使い方などをお話していきます。

 

 

クレンジングオイルが人気の理由

肌への馴染みが良くてメイクが落ちやすい

アイメイクなどのポイントメイクをゴシゴシこすらなくても簡単に落とせる

肌の汚れや皮脂などをよく落としてくれる

ポンプ式で手軽に使える

 

クレンジングオイルはたくさん種類があるクレンジングの中でも一番洗浄力が高く、濃いめのメイクも皮脂汚れも簡単に落としてくれます。

私はアイメイクをガッツリするので、アイラインもウォータープルーフのマスカラもしっかり使ってます。

そうなると洗浄力の低いクレンジングでは落としきれないんですよね。

ダメだと分かっているけど落とさないと!と思いゴシゴシこすってしまい目元にダメージを与えてしまう。

でもクレンジングオイルだと、濃いメイクもスルッと落とせるんです!

メイク汚れだけではなく、Tゾーンが脂っぽい人や毛穴汚れが目立つ人にもしっかり汚れを落としてくれるのでおすすめなんですよ!

 

 

クレンジングオイルのデメリット

界面活性剤が多く含まれているので、肌への負担が大きい

すべりやすいのでつい指で強くこすってしまい、肌を傷つけてしまう

乾燥肌や敏感肌の人には洗浄力が強いのでおすすめ出来ない

洗い残しがあるとニキビの原因になりやすい

 

オイルはすべりやすいのでついつい肌を強い力でこすってしまう事も。

その刺激も肌への大きな負担になってしまいます。

後は洗い残し。

洗顔後のすすぎ不足で肌に汚れが残ってしまうと、毛穴の細菌が増えてニキビの原因に。

そして、重要なのが界面活性剤です。

一度は耳にした事があると思いますが少し詳しく説明していきます。

 

界面活性剤とは

界面活性剤とは、水分と油分を混ぜ合わせるために必要な成分のことを言います。

クレンジングだけでなく、食器用洗剤などの洗剤に洗浄成分として配合されている他、洗顔料やシャンプーなど化粧品の水分と油分が分離しないように安定剤として使われることもあります。

当たり前ですがクレンジングオイルの主な成分はオイル。

オイルがたっぷり入ったクレンジングオイルは界面活性剤が多く含まれているため、メイクだけではなく本来肌に必要な皮脂まで洗い流してしまう事もあります。そうなると肌が余計に乾燥してしまうんです。

でも、界面活性剤は水と油を混ぜ合わせるために必要な成分で、メイクとオイルをなじませるために重要なものです。

界面活性剤がないとメイクの油汚れを落とす事が出来ないのです。

この内容を、エステで働いている時に何度もしていました。

クレンジングオイルのデメリットは私が働いていた頃の話しで、最近はデメリットを改善した低刺激のクレンジングオイルも沢山出ているので安心してくださいね。

 

 

クレンジングオイルが合う人合わない人

先ほども書きましたが

メイクが濃い方にはクレンジングオイルは本当におすすめ!!

 

・アイライン・ウォータープルーフのマスカラ・汗に強いリキッドタイプの下地や日焼け止め、ファンデーションを使っている

・脂性肌で肌がテカりやすい

・毛穴が目立つ

 

このような方にもクレンジングオイルはおすすめです。

 

逆にクレンジングオイルが向いていないのは、

・敏感肌や乾燥肌

・ニキビなどの肌トラブルがある

 

洗浄力が強い分逆に肌を傷めてしまう事もあります。

私は超乾燥肌なんですが、ポイントメイクを落とす時にクレンジングオイルを使ったり、しっかり汚れを落としたい時や肌のくすみが気になった時にクレンジングオイルを使ったりしています。

時と場合によって使い分けするのもおすすめです!

そして、私のように超乾燥肌でもきちんとした使い方をすればクレンジングオイルでも刺激が少なく肌への負担もおさえられるんです!

その使い方は後ほどお話しますね。

 

 

クレンジングオイルには乳化が必須

クレンジングオイルを乳化して洗い流す方法は、肌に負担をかけないおすすめの使い方です。

乳化する事で、メイクの汚れもよく落ちて、肌に残った油分も洗い流しやすくなるので必ず乳化しましょう。

私は、クレンジングオイルを流行りにのって使ってみた事があるのですが、乳化をきちんとしていなかった為に洗い終わりがヌルヌルして気持ち悪く、その後に洗顔をしっかりしてしまい肌に負担をかけていました。

クレンジングオイル=刺激が強い!

という意識だけで、つけたら早く洗い流さないと!と焦り、乳化という大事な一手間を忘れていたのです。

きちんと乳化をするだけで、すすぎの時の肌負担を減らす事ができ、オイルやメイクもしっかり落ちて肌に残る事もありません。

 

実際にクレンジングオイルを肌につけた状態です。透明で本当にオイル!です(笑)

このオイルをクルクルとのばしていきます。

そこに少量の水分をなじませたのがこちらです。

透明だったオイルが水と混ざり合う事で、乳液のように白っぽくなっているのが分かりますか?(光の関係でちょっと分かりにくいかも・・・)

この乳液のようになっている状態が乳化です。

乳化をする時の水分の量はほんの少しでOK。ここで水分をつけすぎるとクレンジングを流してしまうので要注意です。

逆に水分が少なすぎても乳化しないので、自分で適量を見つける事が必要です。

例えば手を水につけて軽く払って、残っている水分で十分です。もし水分が足りないなら様子を見ながら数滴ずつ足して下さい。

水分を足す時はちょっとずつ!がポイント

 

オイルのスルスルとした感触から、肌全体が乳液のように白くなり、指先がスッと軽い感覚に変わったら乳化完了です!

 

 

敏感肌、乾燥肌さんには低刺激クレンジングオイル

肌への負担が大きく、肌に必要な潤いまで洗い流してしまう心配のあるクレンジングオイルは、乾燥肌や敏感肌の人にはおすすめできません。

しかし、天然由来の成分で作られたオイル、例えばホホバオイルやオリーブオイルなどが使われているクレンジングオイルは他のものに比べて刺激も少ないのでおすすめです。

これは敏感肌用のクレンジングオイルの成分です。オリーブ油が一番最初に書かれてますね。

 

化粧品を選ぶ時に、無添加と書いてある物をよく見ると思いますが、それは肌に負担のかかる化学性の合成物質を使わず、天然由来のものを使っている一つの目安になります。

無香料、無着色、アルコールフリー、パラベンフリーなど気になる成分が「フリー」であるかどうかを確認する事も必要です。

クレンジングはもちろん、化粧品を購入する時にも気にかけてみて下さい。

 

 

クレンジングオイルの正しい使い方

実際クレンジングオイルでどのようにメイクを落としていくのかご紹介していきます。

1.クレンジングを適量手の平に出します
「濡れた手でも大丈夫!」と書かれた物もありますが、最初から手が濡れていると余分な水分が加わってしまって乳化がうまく出来ない事があります。

なるべく乾いた手で使うようにしましょう。

2.クレンジングをなじませていきます
この時に気をつけるポイントは指先に力を入れず、すべらせるようにくるくると指を動かしてなじませること。

人差し指を使うと知らず知らず力が入ってしまいがちなので、中指と薬指だけを使う事がポイントです!この2本の指だと程よい力で肌へ負担をかけないのです。

3.クレンジングを乳化します
クレンジングを顔全体にのばしメイクとなじませたら乳化させます。
※乳化は上の画像を参考にしてください。

3.乳化させたクレンジングをすすぎます
乳化が終わったら、後はいつもと同じように洗い流すだけです。
乳化した時としていない時ではすすぎの時の感触も違って、オイルのぬるつきが落ちやすくなっています。

すすぎの時のポイントはぬるま湯で洗い流しましょう!

 

油で汚れた食器を洗う時も水よりお湯の方が落ちやすいですよね?

肌に熱いお湯は負担が大きいのでぬるま湯で洗い流しましょう。

 

まとめ

クレンジングオイルは正しく乳化する事で肌への負担も減り、メイク汚れもきれいに落ちます。

クレンジングオイルは肌に悪いのではなく、使い方、肌質に合った選び方をしっかり知って使えば効果を発揮してくれます。

最近では洗浄力だけでなく保湿成分も配合されたクレンジングオイルもあるので、私みたいに超乾燥肌だけどしっかりメイクする人には嬉しいですね!

肌をきれいにしたいと思ったらまずは汚れを落とす事が一番のポイント!

クレンジング選びは本当に重要なんです!

自分の肌をよく知って、自分に合ったクレンジングを見つけて下さいね。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
らん

らん

40代、超乾燥肌、3人の子育て中です。 私は美容にずっと興味があったことが縁で、エステティシャンとして15年間働き最後は役員としてお店を任されていました。 ⇒続きを読む

-クレンジングオイル, クレンジング基礎

Copyright© 【口コミ・使い方画像付】人気・おすすめクレンジングランキング~美ネタRoom~ , 2018 All Rights Reserved.